月: 2021年6月

月曜日の外来 診療

月曜日の外来

週明けの月曜日の外来は、他の曜日に比べて混雑する傾向があります。本日も、咳や鼻水の風邪症候群の患者さんがたくさん受診しました。待合室の密を避けるため、アイチケットの順番予約を上手にご利用ください。1人5分ぐらいで進行するイメージで、少し早めに来院していただくとスムーズかと思います。 粂川…
今週の感染症 診療

今週の感染症

今週当院で診断された流行の感染症は、RSウイルス感染症とアデノウィルス感染症の患者さんが数名いた程度で、それほど多くはありませんでした。3歳未満の乳幼児の発熱、咳、鼻水の風邪症候群の患者さんが多くみられました。 粂川…
新型コロナワクチンと鎮痛解熱剤 新型コロナウイルス

新型コロナワクチンと鎮痛解熱剤

新型コロナワクチンの接種後、頭痛や接種部位の痛み、発熱などの症状が出たときに鎮痛解熱剤を飲んでも大丈夫かと質問を受けることがあります。カロナールやアセトアミノフェンなど、普段飲みなれている鎮痛剤は飲んでも差し支えありません。ワクチンの効果を弱めたり副反応を強くすることはないので、痛みや熱を我慢するこ…
アメリカでRSウイルスの感染拡大 診療

アメリカでRSウイルスの感染拡大

CDCの発表によると、アメリカ南部でもRSウイルス感染症の流行が広がっているようです。日本と同様に昨年度は全く流行が見られなかったため、今年になってリバウンドが来ているようです。アメリカでは例年、RSウイルス感染症による1年間の死亡者数は、5歳未満の乳幼児は数百人、65歳以上の高齢者は1万人以上にな…
RSウイルス感染症の入院 診療

RSウイルス感染症の入院

6か月未満や基礎疾患のある赤ちゃんは、肺炎など重症化し入院することが多くなるので特に注意が必要ですが、早めの対応できちんとした治療を受ければ、ほとんどが後遺症なくよくなります。ただ現在心配されていることが、小児科の入院ベットが新型コロナ対応のために大幅に減らされており、大流行してしまうと入院が必要な…
RSウイルス感染症に注意してください 診療

RSウイルス感染症に注意してください

杉並区内の保育園でも、RSウイルス感染症の患者さんが増えてきています。多くは2歳未満の乳児クラスでの発生ですが、1歳未満の赤ちゃんは咳の症状が強くなり気管支炎や肺炎で入院になることが多いため、特に注意が必要です。RSウイルスに効く治療薬はありませんが症状を軽くする薬はあるので、咳や鼻水の症状が強い場…
アデノウイルス感染症 診療

アデノウイルス感染症

近隣の保育園で、アデノウイルス感染症が流行っているクラスがあるようです。アデノウイルス感染症は、39度以上の高熱が4,5日続くなどの特徴がありますが、比較的元気がよく自然治癒する感染症です。感染力が非常に強いため、集団生活では注意が必要です。高熱が長く続き感染が疑われるときに、検査を考慮します。 粂…
手足口病 診療

手足口病

近隣の保育園で、手足口病が散発的に出ているようです。昨年度は全く流行りませんでしたが、毎年夏に流行る夏風邪の一種で自然治癒します。熱がなく元気が良いことが多いので、受診を急ぐ必要はありません。両方の手足の発疹が増えてきてから、診断のために病院を受診するようにしてください。 粂川…
熱中症に注意してください 診療

熱中症に注意してください

本日も30度近い高温と湿気のため、蒸し暑い一日になりました。小さな子供は体が小さく熱が上がりやすく、熱中症になりやすい傾向があります。今日のような天気の日の日中の散歩は、できるだけ控えたほうがいいでしょう。 粂川…
月曜日の外来 診療

月曜日の外来

週明け月曜日の外来は、比較的混雑します。本日も発熱や咳、鼻水の患者さんが多く受診しました。ただし、RSウイルス感染症や新型コロナなどの流行性のものはなく、比較的軽症の風邪ウイルスの患者さんが多いようです。 粂川…